詩集「ずっと後回しにしてきたあの言葉を」

1,000円(税込1,100円)

購入数

NO.
「ずっと後回しにしてきたあの言葉を」大塚ミク
PRICE
¥1,000+TAX
SIZE
10.5cm×15cm

モノクロの写真と一行の言葉。
文庫サイズの写真詩集。
  
PROFILE
大塚ミク(おおつか・みく)
作詞家、コピーライター。
「孤独を共感に変える」をテーマに最小限の言葉による表現を試みる。
著書に、写真詩集「ふたりぶんのしあわせ」(写真:中川正子氏 ピエ・ブックス刊)
絵本「くいしんぼうのマルチェロ ふしぎなエプロン」(絵:オオノ・マユミ氏 出版ワークス刊)などがある。

共感や気づきや、ぬくもりとともに
それぞれの気持ちにすーっと溶ける言葉たち。
紡がれた「ひとこと」からは「ひとつの物語」を読み終えたような余韻や世界観を感じました。
ぜひ手に取ってご覧になってみてください。



ずっと後回しにしてきたあの言葉を。
2020年 11月1日 第1刷発行
著者  大塚 ミク
装丁  本間 愛
発行  書く人
印刷・製本 啓文社印刷工業株式会社


【商品在庫について】
web shopの在庫管理には注意を払っておりますが、実店舗で販売も行っているため、web shopへの在庫反映が若干遅れてしまう場合がございます。どうぞご了承ください。